きれいの秘訣スキンケア対策
HOME > 肌トラブルには皮膚科に行って治療を

肌トラブルには皮膚科に行って治療を

さまざまな原因により肌トラブルが起こることがあります。 原因は、季節の変わり目だったり生活の乱れだったり寝不足だったりとさまざまです。 ニキビや目の下のクマ、肌荒れなどの症状が出てきます。 トラブルはスキンケアなどとはまた別物なので病院に行くことをおすすめします。

漢方薬を飲む

体質改善アプローチで、肌トラブルを防いで、治してくれるのが漢方薬の良いところである。東洋医学では、気、血、水のバランスで肌トラブルを防ぐのが漢方薬の考え方である。この3つが整っ

内服薬を飲む

ニキビ治療や水虫治療、肝斑の治療では、内服薬が良く使われる。ニキビ治療に使われる場合は、アクネ菌の増殖を抑える抗生物質、ビタミン剤、漢方薬などを組み合わせて使う場合が多い。抗生

病院とエステの違い

皮膚科と美容皮膚科の違いは、一般の皮膚科に「美容」という意識を加えられていると考えること。ニキビの治療にしても、美容皮膚科はできるだけあとを残さないことをより考慮しているという

ビタミン剤を飲む

ニキビ治療でビタミンCが処方されるのは、二次的な色素沈着を防ぐために処方されているものである。ビタミン剤で美肌になれる助けにはなるが、できるだけ食事でビタミンをとるようにしたい

外用薬を塗る

外用薬でよく使われているものは、ニキビでの治療で、まずは角質を溶かす薬でふさがった毛穴を開かせて、次に抗生物質などの薬でアクネ菌を殺す働きをもつ薬を使う。主にリンコマイシン系抗

タコやイボをとる

一番やっかいな出来ものはイボで、これはウイルス感染によっておこるものである。皮膚科では。液化窒素で凍らせる治療が行われるが、足の裏に出来るイボは、ウオノメを間違えて自己処理を

レーザー治療

レーザー治療の効果は、レーザーが患部に届くと熱に変わり、コラーゲンを活性化したり、メラミンを破壊できる。シミ、あざ、ほくろなどに有効である。レーザー治療では。肌の表面だけでは

医療脱毛

レーザー脱毛と電気脱毛(ニードル脱毛)のどちらかを選ぶかは、目的にあう方法を選ぶことが大事である。レーザー脱毛は、レーザー光線で、毛と毛を生みだす毛母細胞を一緒に焼き切る方

▲ページトップに戻る